アメブロの最新記事5つをリンクしています(アメブロですと改行もあり、読みやすいです)

アメブロのトップページはこちらです。

第一印象はあてになる?
こんにちは。 マリッジクローバーの山田です。   第一印象は瞬時に決まるし、それを覆すのには相当な時間が必要なので第一印象が大事、と言われますよね。   そして見た目が第一印象を左右するとも。   だから婚活でもお見合いに行くときには服装、髪形など見た目を大事にするようアドバイスしたりします。   では、会った瞬間にネガティブな印象を受け取った場合どうしたらいいでしょう?   第一印象って過去の自分のデータから脳が作り出したイメージ。   〇〇さんと似ているから〇〇な人、という風に無意識に印象を創っていることもありますよね   人間ってすごい能力持っているので、なんとなく見抜けているところもあると思いますが、初めて会ったその人のことを一瞬で100%知ることは超能力者でもない限りできないはずです。   なので第一印象は受け取りつつも、どんな方なのかな?と興味を持ったり、素敵なところを探す気持ちでお見合いの1時間を過ごして、その人の魅力を発見してもらえたらと思います。   「その人のことを知って何の役に立つの?」と言われることもあるのですが、興味を持つことで素敵な側面を発見して第一印象が覆されたり、返報性の法則が働いて、自分の魅力を引き出してもらえるかもしれませんし、異性を理解するチャンスにしてもいいですよね。   もしパッと見た瞬間にNOと判断して反応の薄い時間を過ごしているのなら、第一印象よりも1時間真摯に向き合うことで得られた印象を大事にしてみてはいかがでしょうか。   きっと興味を失ったまま、ただ1時間を過ごすよりも有意義な時間を過ごせると思います。   ご縁のある素敵な方と巡り合えますようにラブラブ   結婚相談所マリッジクローバー (東西線・原木中山駅徒歩5分) ご質問・無料カウンセリングのお問合せ⇒こちら お電話でもお気軽にご連絡ください。 090-4540-8670(10時~21時) HP:https://marriage-clover.jimdo.com/
>> 続きを読む

”お見合い婚活…成婚しやすいタイプはこんなん*\(^o^)/*”
こんにちは マリッジクローバーの山田です。   ヒロジュンさんは以前このブログを書いていた代表がフォローしていた方。   お会いしたことはないけれど、明るいメッセージが好きで、たまに読ませてもらってます。   こちらもとても共感したので、シェアしますニコニコ 応援してくれているのが伝わってきますよねキラキラ   愛と喜び広がりますようにラブラブ   結婚相談所マリッジクローバー (東西線・原木中山駅徒歩5分) ご質問・無料カウンセリングのお問合せ⇒こちら お電話でもお気軽にご連絡ください。 090-4540-8670(10時~21時) HP:https://marriage-clover.jimdo.com/
>> 続きを読む

新規会員さんの写真撮影
こんにちは。 マリッジクローバーの山田です。   新規会員さんの写真撮影でスタジオフレームさんへ行ってきました音譜   なんとなく雰囲気が結婚式場のメイク室みたいでいい感じドキドキ   軽くお顔のマッサージをしてくれた後にメイクをしてくれます。   撮影場所も広くて、カメラマンさんまでの距離があるのでリラックスしやすい雰囲気。   とても素敵な笑顔をされていたので、いい写真がいっぱいあってカメラマンさんは10枚選びだすのにちょっと苦労されていましたニコニコ 全部くれたらいいのになぁ   プロフィールを公開して早々にお申し込みをたくさんいただき、早速お見合いされています。   お写真もよく撮っていただけたし、内面も素敵な女性なので、これからが楽しみですベル   愛と喜び広がりますようにラブラブ   結婚相談所マリッジクローバー (東西線・原木中山駅徒歩5分) ご質問・無料カウンセリングのお問合せ⇒こちら お電話でもお気軽にご連絡ください。 090-4540-8670(10時~21時) HP:https://marriage-clover.jimdo.com/
>> 続きを読む

婚活体験談(男性56才)
こんにちは マリッジクローバーの山田です。   昨日の続きです。 ご成婚アンケートの中に書いてくださっていた婚活記録を個人名のところを変えて掲載させていただきます。   リボン申し受け時リボン ・年齢が離れた(22歳)方だったので、「申込み間違い」かと思った。申込みを頂いた中で一番若い方だったので、「自分のようなおじさんに興味を持つ方はどんな人なのかな」と思った。 ・お見合いの際も失礼なことに、「どんな方なのか興味を持ってお見合いに来ました」と言ってしまった。しかし同時にまた、本気で申し込まれたのであればそれは大変有難いことだと思っていた。   リボンお見合いリボン ・一生懸命かつ熱意を持って話をしていて、有難いことに私に好意をもっていることが強く感じられたので大変うれしかった。 ・年齢差を感じることなく、大いに会話が弾んだ。 ・ほんとうに健気(けなげ)な様子だったので、「この方は断ってはいけない。この方の心意気に報いなければならない」と思った。 ・カウンセラーから事前に言われていたとおり、お見合いを1時間で切り上げたが、相手の方はお断りされると思ったという。(他の方は1時間を優に超える時間お見合いをしていたためとのこと)   リボンデート1回目リボン ・お見合いのときと相手の方のテンションの高さは変わらず、私の仕事、趣味、学生時代のことなどに興味を持って質問を頂いた。私も相手の方の仕事、婚活のきっかけ、趣味、家族のことなどについて話を伺った。 ・相手の方への興味が深まっていたので、他のお見合いの進行状況が気になっていた。(相手の方も同様に気になっていたとのことで、私のお見合いの申し受け状況、件数について質問してきた。) ・「前回のお見合いのとき、ドキドキしてしまって何の話をしたか覚えていない。今日もドキドキしている。〇〇さんは女性に人気があると思う。申込みが多いのではないか。気になってしまう。」(お相手の言葉by山田)   リボンデート2回目リボン 女性「今日は大事なお話があります。」「活動を始めるにあたり、カウンセラーと相談の上、誕生日の〇月〇日までに結婚するという計画を立てました。ついては宜しくお願いします。」 男性「こちらこそよろしくお願いします。」 女性「私に財産はありません。この身ひとつでお嫁に行きます。それでもいいですか?」 男性「いいですよ。大丈夫ですよ。」 女性「2週間の間、ずっとこの話をしようと思っていました。やっとお話しできました。」 男性「よく話してくれたね。本当にありがとう。結婚して二人で歩んでいきましょう。」 女性「ありがとうございます。本当によかった。ほっとしました。」   このデート2回目のやりとりが「逆プロポーズ」として一番印象に残ったエピソードのようですベル   この後、私は元会員さんから聞いている様子とお相手側の相談所のカウンセラーさんが伝えてくれる情報にかなりギャップがあって、やきもきする日々でした笑い泣き   指輪をふたりで見に行ったという話から買ってしまわないかとハラハラして「絶対にまだ買わないでね」と伝えたり。   ただ、ふたりの間はとても順調で、親御さんへの挨拶も出逢った日から2か月ちょっとで終わり、とてもスピード感あふれるおふたりでしたキラキラ   本当にご縁のある方と出会うと早いビックリマーク   後日、ふたりで一緒に来てくださるので、お会いできるのが楽しみですハート   プロポーズのお写真いただきました(2/10追記)   男性は結婚相談所を「最後のとりで」と思っている方が多い印象ですが、結婚したいと思ったら早い段階で活用したほうが、結婚後の未来を長く楽しめると思います虹   特に現在は女性のほうが多くなっていますので、男性の方おすすめします流れ星   愛と喜び広がりますようにラブラブ   結婚相談所マリッジクローバー (東西線・原木中山駅徒歩5分) ご質問・無料カウンセリングのお問合せ⇒こちら お電話でもお気軽にご連絡ください。 090-4540-8670(10時~21時) HP:https://marriage-clover.jimdo.com/
>> 続きを読む

ご婚約おめでとうございます(56才男性)
こんにちは。 マリッジクローバー山田です。   昨年9月下旬から活動を開始し、4か月で卒業された男性がご成婚アンケートに答えてくださいました虹   男性56歳、女性34歳という年の差カップルですが、ふたり並んだ写真を見せてもらったらお似合いのおふたりですラブラブ   婚活を始めようと思ったきっかけ(理由)と活動開始時のお気持ちをお聞かせください。   ○チベット文化圏をはじめとする海外旅行や、現地で買い求めたチベット仏画の収集などにうつつを抜かしていて、気が付くと56歳になってしまった。 ○旧知の友人の紹介で何人かの方にお会いしたもののうまくいかず、「もう紹介する人はいないので、結婚相談所に行ってくれ。相談所は紹介する。」と、その旧知の知人に匙を投げられた。 ○それまでとりたてて活動をしているわけではなかったが、自分では絶対に避けたいと思っている「孤独死」が視野に入る年齢になり、自然な出会いや、知人の紹介に期待することもできなくなった。 ○長らく「恋愛結婚」の幻想から逃れられず、結婚相談所に行くのは恥ずかしいと思っていたが、そんなことが言えない状態になったと覚悟を決めた。   活動中に印象に残るエピソードがありましたら、お聞かせください。   ○プロフィール写真撮影時に笑顔を指示されたが、うまくいかず、キレそうになってしまった。 写真は大変良い写りだったためスムースに活動できた。 ○活動を始めて最初のお見合いの際、ラウンジが込み合っていたため、先に到着した女性が名前を入れてくださっていた。恐縮した。 ○お見合いの際、写真と実人物にギャップがあり、判別できない場合がある。一度別の方に声をかけてしまったことがある。 ○女性の場合、写真と体重情報が信頼できない場合があるので、記憶していた身長データをたよりに声をかけたことが2度ほどあった。   結婚相手とのお見合いではどんな印象を持たれましたか?   ○一生懸命かつ熱意を持って話をしていて、有難いことに私に好意をもっていることが強く感じられたので大変うれしかった。 〇年齢差を感じることなく、大いに会話が弾んだ。 〇ほんとうに健気(けなげ)な様子だったので、「この方は断ってはいけない。この方の心意気に報いなければならない」と思った。   結婚を決意された決め手は何でしたか?   〇私も様子を見ながら真剣交際を持ちかけようと思っていたが、早い時期に「逆プロポーズ」があったため、一気に気持ちが高まった。 早い時期とはデート2回目、会うのはお見合い含め3回目のとき(by山田) 〇私もこの段階で、「結婚するならこの人だ」という決心がついていたため、二つ返事で承諾することができた。 〇相手の方は、非常に謙虚で、私のことを尊敬してくれているように感じました。相手の方は、私より年下で、頼りないところがないわけではないが、そこを愛おしいと感じ、またそこを私が補い、彼女を守ってあげることが必要だと感じたことが決め手だったように思います。   これから婚活される方へのメッセージをお願いします。   ○婚活は「最後のとりで」と思って、自分の婚活市場での価値を認識せずに過大な期待を抱きがち。 ○自分の年齢を顧みずに若い方に申し込んでも応じてもらえる可能性はない。 ○男性の場合、自分から申し込んだ相手とお見合いが成立する可能性は低いことから、相手からの申込みを頂いた中から選ぶという方針で活動するのがよいと思います。 ※これはご本人の感想です。お申し込みをいただく人数が多かったので、最初にちょっと申し込みしたけれど(お見合い成立率も標準)、受けていくだけでお相手が見つかったというのが山田の印象です。 ○最初はゲーム感覚で申し込んでいたが、活動を続けるうちにこの世界の厳しさを認識することになった。 ○「婚活」と「就活」は厳しい市場に対して自分という商品を晒して選んでもらう という意味でまったく同じだと思った。 ○自分の「商品価値」は、どのような傾向の方から申込みを頂くかで判定できる。その判定結果を素直に受け入れるのが肝心。この結果に納得できないといつまでたってもお見合いに進めない。     とっても正直に答えてくださって、婚活前の気持ちはそうだったんだと知りました。   結婚を決意された決め手、いいですね~ドキドキ   写真撮影時のことが懐かしく思い出されますニコニコ   キレそうになっていたというのは、退会前にお会いした時に初めて聞いてびっくりビックリマーク   撮影後はまったくそんなそぶりは見せず「山田さんがついてきてくださって助かりました!」と言ってくれていたんです。   今は笑い話で、撮影前にヘアカットしてくれた人と撮影してくれた人にお礼を言いたい、とおっしゃってましたキラキラ   お話していると、ほんと感謝があふれていて素敵な方です。   アンケートの中で ○仕事上10年以上にわたって総務の庶務担当として電話対応や来客対応、内部職員対応などを行ってきたためか、初対面の人と話をするのは苦にならなかった。また、仕事上、「研修講師」などもしたこともあり、喋ることは好きなので、婚活では有利に働いたかもしれない。   とあったのですが、それに加えて、活動前のアドバイスを素直に受けいれて実践してくださったり、「報告・連絡・相談」(婚活でも大事)をスピーディー&まめにしてくださる人柄もこの結果を引き寄せたのだろうと思います。   〇〇さん、マリッジクローバーで活動してくださって、本当にありがとうございましたラブラブ   末永い幸せをお祈りしていますベル   P.S.本当はもっとたくさん婚活中の出来事を書いてくださっていたので、そちらは婚活体験談として掲載させてもらうことにしました。   <イベント情報> 2月9日(土)バレンタイン婚活パーティー@五反田を相談所仲間が開催 女性はキャンセル待ち、男性は後2名です!   結婚相談所マリッジクローバー (東西線・原木中山駅徒歩5分) ご質問・無料カウンセリングのお問合せ⇒こちら お電話でもお気軽にご連絡ください。 090-4540-8670(10時~21時) HP:https://marriage-clover.jimdo.com/
>> 続きを読む